退職代行サービスのリセット
価格改定! 業界最安値に挑戦!
正社員:9,990円(税込)
キレイに会社を辞めるなら

退職代行サービスのリセット

あなたに代わって、当社退職代行サービスリセットが会社へ退職に必要な連絡をすべて行います。

上司に会ったり、会社へ出社したりという煩わしいことは一切ありません。

「辞める」と言いにくい、上司や同僚の反応が心配、強引に引き止められそう、辞めさせてくれない...

といった、辞めてしまいたい職場のストレスは、退職代行サービスを使って今すぐリセットしませんか。

リセットの退職代行サービスは
人事労務のエキスパートが実施

だから〚キレイに〛辞められます

退職代行サービス
〚リセット〛のメリット

  • 1
    スムーズにやめられます
  • 2

    会社への連絡は不要です

  • 3
    退職をフルサポート
  • 4

    退職届のフォーマットを進呈

  • 5

    リーズナブルな料金

退職代行サービスを利用されたお客様の声

仲間たち
残った仲間に迷惑をかけてしまう

Aさん)いつも人手不足の職場でしたが、リセットさんへ退職代行サービスをお願いして、スムーズに退職する事ができました。私が考えなければいけない事は、自分の人生であり、体や心だと教えていただけた感じです。

悩む女性
人手不足を理由に引き止められ

Bさん)身体の調子が悪くなってしまい、どうしても辞めたかったので退職代行サービスを利用させていただき、上司とも顔を合わせずに退職できました。辞めた後にすぐに新しい社員が入ってきたそうで、特に問題なかったようです

上司のダメ出し
上司に「辞めたい」と言うのが怖い

Cさん)いつも、口うるさく小言を言ってくる上司に対して会社を辞めると伝えるのはどうしても緊張したり億劫になります。しかし、リセットさんが、しっかりと話を伝えてくださり、なんのストレスもなく退職する事ができました。さすがに、退職代行サービスのプロの仕事だなと感心しました。

今すぐ相談

24h 受付/下記からお問い合わせください

LINE

メール

パソコン対応

いつでも相談ください

退職代行サービスの『リセット』が
選ばれる理由

1.スムーズに辞められます

仰ぎ見る空

RESETの退職代行サービスは、人事労務の実践経験があるスタッフが、豊富な経験に基いて実施いたします。

退職代行を取り行うにあたり、法律にのっとった確実な手順だからこそスムーズに辞められます。

また損しない辞め方を、お客様のご相談に応じて退職代行サービスが無料でアドバイス。

必要な場合は、提携する弁護士と協力してバックアップいたします。

2.会社への連絡は不要

いい天気

会社への出社や上司と会うことは一切ありません。

面倒な会社への連絡はすべて退職代行サービスのRESETが行います。

退職届や備品の返却は、基本的に郵送で会社へ送るようになります。

離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類に関しては、会社からご本人宛に郵送していただくようお伝えいたします。

3.退職をフルサポート

がんばるぞ

当社退職代行サービスの『リセット』では退職の段取り決めからハローワーク申請のポイントまで、安心して退職できるよ他社には無い独自のサポートをしています。

退職後の手続き、転職までの流れ等、何でもお気軽に退職代行サービスのリセットにご相談ください。

退職代行サービスリセットは人事労務のエキスパートが運営していますので、人生の『リセット』から『リスタート』までをワンストップでサポートできます。

4.退職届のフォーマットを進呈

スマホ

退職する時には、会社に対する最低限のマナーを守りましょう。

退職代行サービスリセットでは、退職届のフォーマットをご用意いたしましたので、ご活用ください。

5.リーズナブルな料金

女性の笑顔

リセットの退職代行サービスでは皆様があらたな道を進むためのきっかけ作りを、完全に代行いたします。

人生を「RESET」して、新しい人生を歩き始めるためには、資金がいくらあっても足りません。皆様の新しい人生の為に「RESET」では、業界最安値(正社員の場合)の価格で応援いたします。

9,990円(正社員の場合・税込み)で皆様の新しい人生の出発を応援いたします。

退職代行サービスの料金とお支払い

 

※すべて税込表示です

正社員 新価格       9,990
契約社員 通常価格      54,000
アルバイト 通常価格      32,400

※本キャンペーンは、LINE、および、メールでのお申込みのお客様に限ります。

※契約社員の方など期間の定めのある労働契約の場合は、スムーズに退職代行を実行できないことがありますので、あらかじめご了承ください。

◆お支払い方法:お振込み、クレジットカード決済(VISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS)

◆振込先
金融機関:湘南信用金庫 伊勢佐木町支店
口座種別:普通
口座番号:3219914
口座名義:合同会社リセット

カード会社一覧

※ご利用明細の写真をメールかLINEで送っていただくと、よりスムーズに退職代行サービスを実施いたします。

今すぐ相談

24h 受付/下記にお問い合わせください

パソコン対応

いつでも相談ください

退職代行サービスの流れ

電話する笑顔の男性

平日は時間がない方も安心

ご相談

  • 上司と会いたくないし話したくない
  • もう会社へは行きたくない、連絡を取りたくない
  • 退職後に必要となる書類(雇用保険被保険者証や離職票)などを郵送してほしい

退職代行サービスについて不明なことや気になる点などありましたら、       お気軽に相談ください。

スマホ

お急ぎの方はご利用明細を

お支払い

お客様の雇用形態に応じた退職代行サービスの費用をお振込みください。

※お支払いの際にご利用明細を写真に撮っていただき、メールかLINEで送っていただけますと、より円滑にご対応が出来ます。

飛行機

しっかりとRESET

RESET-退職代行サービスを実施

退職に必要な連絡は、お客様の代わりにすべてリセットが代行します。

退職が完了するまでは、電話・メール、LINEにて最後までしっかり対応いたします。

他社の退職代行サービスとの違い

  リセット 他社A(例) 弁護士事務所(例)
料金(正社員) 9,250円 50,000円 65,000円
相談 無料 無料 無料
返金保証 あり なし なし

退職後の案内

あり なし なし
転職サポート あり あり なし
弁護士との提携 あり あり

ご注意ください-非弁業者について

法律

未払い残業代の請求など会社との交渉事(非弁行為)は、弁護士のみに許された業務です。

当社は法律に則り非弁活動は一切行いません。

会社との交渉が必要となった場合は、当社提携の弁護士をご紹介しております。

違法に非弁行為を行う退職代行サービス業者には、くれぐれもご注意ください

今すぐ相談

24h 受付/下記にお問い合わせください

パソコン対応

お気軽にご相談ください

退職代行についてのご質問

今日すぐの退職はできますか?

有給、欠勤などを使って、退職日まで出勤しないということはできます。

法律では、退職の2週間前までに会社に対して退職を申し出るルールになっています。
しかしながら、もう出社したくないという気持ちが固まっているとすれば、有給、欠勤などを使って、退職日まで出勤しないということができます。
お急ぎの方は15時までにご連絡いただければ、当日中に会社へご連絡して退職代行サービスを実施いたします。

退職代行サービスを実施してもらった後に、出社することはありますか?

出社したり直接会ってのやりとりはございません。

会社によっては郵送での書類のやりとりが必要なことがありますが、出社したり直接会ってのやりとりはございません。
退職届を書面かメールで送っていただき、ご本人からの退職意思を明確にしていただきます。

退職代行サービスを利用した場合に、離職票など退職後に必要な書類はもらえますか?

会社から郵送していただけるようお伝えします。

離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類は、会社から郵送していただけるようお伝えします。

退職代行サービスを使うと、本人に会社から連絡が来ませんか?

ご本人に連絡しないようお伝えいたします。

そのように伝えることで、殆どの会社は本人へ直接連絡をしなくなります。

ただし、そう伝えても連絡をする会社が稀にありますので、予めご了承ください。

本当に退職できますか?

はい、会社を辞めることができます。

従業員には会社を辞める権利があります。
今まで当社の退職代行サービスを利用された方で、退職できなかった人は一人もいませんのでご安心ください。

リセットの退職代行サービスは、こんな方に選ばれています

苦しむ男性
退職を言い出しずらい

求人広告や面接で説明された内容とはかけ離れた過酷な勤務でしたが、同僚や先輩はすごく良い方たちばかりだったため、退職を切り出しずらい状況だったため、当社の退職代行サービスをご利用いただきました。

悩む女性
辞めさせてもらえない

転職先が決まり上司に相談したが、人出不足を理由に退職時期を引き延ばされて時間だけが経過しているため、当社へご相談の連絡をくださり、退職代行サービスを使う選択をされました。

電話相談
いろいろ相談したい

残っている有給を消化したいのと、毎日のようにサービス残業を強いられていたので、そのような相談ができる退職代行サービス業者を探されましたが、弁護士事務所と提携している当社を見つけて、ご依頼いただきました。

今すぐ相談

24h 受付/下記にお問い合わせください

パソコン対応

いつでも相談ください

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:やまだたろう)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

必須
任意
必須
必須
必須
必須
必須

★まだお決まりでなければ未定とご記入ください

任意

テキストを入力してください

送信した直後に、受付メールをお送りしていますので、
必ずご確認ください。受付メールが届かない場合や、
入力がうまくいかない場合は、入力内容をメールにてご送信ください。
送信先アドレス:soudan@reset-work.com

退職コンシェルジュ

退職代行サービスリセットの知恵袋

退職コンシェルジュ

転職・退職をお考えの皆様へ送るお役立ち情報です。

より良い『リセット』をするための参考になさってください。

新着記事

退職の際の業務の引継ぎ

上司からの引き留め

未払い残業代の事①

記事一覧

退職を決意したら必要な書類を揃える必要があります。退職してから後悔しないように、事前に準備を始めていきましょう。

今の勤務先を退職すると決めるときは、今の自分の状況を客観的に見たうえでメリットとデメリットを吟味しましょう。

退職までにどんなスケジュールで進めたらいいのか、具体的な流れを考えるときのポイントについて説明します。

退職の意思表示をするまえに覚えておきたい、段取りについて説明します。

退職の意思表示に対する会社の対応で困ってしまっている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

意外と間違えやすい「退職願」と「退職届」について説明します。それぞれ全く役割が異なります。

退職する場合に必要な手続きについて順を追って紹介していきます。

タイムカードはさまざまな手続きのときに必要となるものです。そのことについてお話しいたします。

退職後に損をすることがないように雇用保険について把握しておきましょう。

退職後の、健康保険の手続きについてもしっかりと把握しておきましょう。

勤続年数によっても変わりますが、あとで損をしてしまうことのないように、退職金の税金の手続きについても覚えておきましょう。

退職するときの有給休暇はどうしたらいいのでしょうか。今まで頑張ってきたからこそ、しっかりと消費して損のない退職ができるようにしたいものですね。

過去に休日出勤や残業した分の賃金の支払いがされておらず、そのままにしてしまっていたなんて人もいるのではないでしょうか。未払い残業代を請求する為には何よりも証拠が重要です。

引き留めてくる上司にはどうしたらいいのか?引き留められてもスムーズに円満退職することはできるのでしょうか。退職を考えている人も、退職するかもしれない方も参考にしてくださいね。

退職する会社なのに業務の引き継ぎなんて面倒だな…と思ってしまうかもしれませんが、引き継ぎがどれだけきちんとできているかがあなたの評価を決めます。引き継ぎは周囲に感謝されるぐらいに頑張りましょう。

手続きを忘れてしまうと、将来受給できなくなってしまうこともあります。年金の仕組みを理解することが大切です。また退職後にすぐには再就職せず失業中の場合は、年金の手続きはどうしたらいいのでしょうか。

ハローワークでは次の就職先を決める為の相談もできますし、失業保険などの手続きを行い生活費を確保することもできます。各種手続きにはどんな書類が必要なのか、手続きごとに必要な書類も合わせて説明していきますね。

再就職が決まるまでに受け取れる「基本手当」や各種給付金や手当などがあります。知らないと請求できなくなってしまいますし、生活の為にも大切なお金になりますので必ず把握しておきましょう。

再就職で明確な目標や就職先が決まっていないのであれば、一度ハローワークに行き相談をおすすめします。無料ですし求人数が多く、再就職にとってハローワークはさまざまなメリットがあります。

再就職したいと思っていても、資格も経験も足りないので就職できるか不安を抱えている人もいるかもしれません。それならば、ハローワークの「職業訓練」の利用をおすすめします。

管理職という言葉を耳にしたことがあっても、具体的にどんな役割を担っているのか意外と知らない人も多いと思います。管理職と間違えられやすい管理監督者との違いも含めて説明していきます。

ただの管理職の場合は職務権限にも範囲が定められている場合がほとんどですが、今回は管理監督者の条件の一つである、経営者の一体性について詳しく説明していきたいと思います。

一般的な管理職の場合は、会社に出退勤する時間は一般社員と変わりません。始業時間前に会社に出社して退社時間になれば会社を出て帰宅するようになりますが、管理監督者の場合は、管理職とは違った勤務形態になります。

管理職の場合はあくまでも労働者に過ぎないので残業代を支払わなくてはいけませんし、管理監督者であっても「地位にふさわしい待遇」を行う必要があるのです。これはどういう意味なのか?詳しく説明していきます。

管理職に過ぎないのに管理監督者として業務を押し付け、残業代を支払わないブラック企業などもあります。そんな名前ばかりの管理職のまま働いてしまうことのないように、知識をつけておく必要があります。

退職するにもマナーがありますし所定の手順を踏んで退職の手続きを進めていく必要があります。

退職を意思を伝えるとあなたの思い通りの日程で退職できる保証はどこにもありませんし、なかには希望した日時よりも退職日が早まったなんて人もいます。退職届けを出すまえに見直しておくのをおすすめします。

今すぐに退職とはいわなくても辞めたいと思っているのであれば、これらの出退勤の記録を手元に残せるように準備しておくのをおすすめします。

退職する前に次の就職先をどうするのかは、その人によっても変わりますが、悩んでいるのであれば参考にしてみてくださいね。

いざ退職すると決めたものの、なかなか家族に言い出せずに悩んでいる人もいるかもしれません。なんの相談もなしに勝手に仕事を辞めてしめば、迷惑がかかってしまうことも…。

女性の退職事情

退職コンシェルジュ

女性の退職について色々な観点からのブログを書いております。

お役に立つ情報が満載ですので、ぜひご覧ください。

新着記事

会社を辞めるときに知っておきたい
マナーと常識

転職先の面接で退職理由を
聞かれたらどう答えるか

退職する時に著名を求められる
「誓約書」の注意すべきポイント

記事一覧


退職すると決めた時から

退職代行サービスリセットの知恵袋-001

今の職場を退職すると決めるのはなかなか勇気がいりますよね。

「退職する」と自分の意思が固まったら、今度は退職に必要な書類を揃えていかなくてはいけません。

退職を考えるようになったきっかけはその人によっても異なるものですが、退職してから後悔しないように、事前に準備を始めていきましょう。

ただし退職の意思を会社に伝えるまでは、その準備をしていることはばれないようにするのが大切です。

転職を決めた人

退職すると決めたら考えておかなくてはいけないこと

仕事を辞めたいと思ったらまずは「退職日」を決めます。例えば何か担当している仕事がある場合は、区切りのいいところまで仕事をして引き継ぎをするための期間も考慮しなくてはありません。

退職する日を明確に決めておかないと、これから転職活動をするときにもダラダラとしてしまいますし、自分の退職によって他の社員がバタバタしている姿を見ると気持ちが揺れてしまいがちです。

退職日を決めると気持ちがすっきりとするのを実感できると思います。

有給休暇が残っている人の場合、必ず会社の上司に指示を仰ぐようにします。

有給休暇を在職中に取っていいといってもらえる場合もあれば、給料と一緒に支払われる場合もあります。この辺りは引き継ぎの兼ね合いによっても変わります。

退職すると決めたら用意しておきたい書類関係

退職すると決めたものの何から用意したらいいのかわからず、困ってしまう人もいると思います。
手続き上必要になる書類を退職してから用意しようとしても、都度元の会社に連絡を取らなくてはいけなくなり大変です。
退職する意思が決まったのであれば用意しておきたい書類について説明していきます。

残業代の請求時に使うもの

退職したあとに残業代の請求をする場合、タイムカードや日報などの労働状況を証明するための書類を用意しておく必要があります。
退職時にもめてしまい「残業代は支払わない」などと言われてしまうケースもあります。
退職を考えるまではタイムカードをコピーして控えを手元に残しておくなんてしていないと思います。

会社に提出するまえに、自分用の控えをとってから提出するようにしてくださいね。
もし退職した後にタイムカードや日報などを提示して貰う場合は、弁護士など法律的な手続きが必要になります。

 

給料が未払いになってしまったときに使うもの

小規模なワンマン経営の会社などにあるのですが、退職の意思を伝えると給料を支払わないなんてケースもあります

経営不振などの理由があったとしても働いた以上は対価は支払いの義務がありますので、法律上でも支払ってもらう必要があります。
そのためには給料明細書・就業規則・雇用契約書などの書類も用意しておきたいものです。
労働に関する決まりは事前に書類などに記載されている場合が多いので、トラブルのときに必要になります。

退職後に年金・健康保険・失業保険(すぐに就業しない場合)の手続きが必要になりますが、これは退職した会社から後日書類が届く場合がほとんどです。

退職の意思を伝える順番を間違えないこと

退職を伝えるのは一番に会社の直属の上司です。雇用形態によって退職時の決まりがある場合もありますので、事前に必ず確認しておくようにします。
同僚や仲の良い社員に勝手に話さないようにして周囲には黙っておきます。

上司が他の社員に伝えるタイミングを待つようにして、きちんと挨拶するようにします。

退職すると決めた時から、今までと同じように働くだけでなく退職の準備も進めていきましょう。

退職の手順を書き出して順序よく進めていきましょう。

事前に調べておくといざというときに慌ててしまう心配がなくなります。

退職代行サービスのリセットは、退職を決心された方にご利用いただいているだけでなく、まだ退職を決められない方からも相談のご連絡をいただいています。
お気軽にご相談ください。


リセットの退職代行サービスで今すぐRESET

あなたの『リスタート』を心より応援いたします