退職コンシェルジュ

退職代行コラム|
転職先の面接で退職理由を
聞かれたらどう答えるか

退職代行サービスリセットの知恵袋-040

転職活動で書類審査も通りやっと面接に進んだものの、なかには以前の会社の「退職理由」を聞いてくる会社もあります。中途採用の場合は特に多い内容になるのですが、なんて答えたらいいのか、正直に答える必要があるのか迷ってしまうこともあると思います。

これから一緒に働きたいと思っている転職先に対して、ネガティブな印象は持たれたくありませんよね。転職先の面接で退職の理由を聞かれたときはどう答えるべきなのでしょうか。

面接

転職先の面接で退職理由を聞かれる理由

そもそもどうして転職先の面接で、もう辞めた会社の退職理由が聞かれると思いますか。

いくつか理由はあるのですが、退職理由を知ることで早期退職を防ぐためである場合がほとんどです。

例えば以前の会社で「残業が多い」ことが原因で退職した場合、転職先の会社も残業が多いとすぐに辞めてしまうかもしれませんし、企業にとっては時間や費用面の損失になってしまいます。新しい採用を考えたときに、できるだけ長く活躍して欲しいと思っているのに早く辞めてしまう可能性を探っているのです。

また、退職理由を聞くと仕事に対して何を求めているのか?重視していることを把握することもできますね。転職先ではあなたとは初対面になり面接の短い時間の間に「この人と働きたいな」と思える人材かどうかを判断しなくてはいけません。そのため入社したあとに活躍してくれる人材かどうか判断するためにも退職理由はとても重要なものになるのです。

特に女性の場合は将来を考えたときに産休・育休が取れるかどうかが退職理由になることもあるのですが、これを退職理由で伝えてしまうと難しい場合もあります。

退職理由を聞かれた場合はなんて答えるべき?

面接で退職理由について聞かれた場合、なんて答えるべきか迷いますね。伝え方や言葉の選び方一つで、面接での伝わり方が変わってしまいますので、答え方は慎重に言葉を選ぶ必要があります。

同じ内容を伝えていたとしても言葉次第では印象が全く変わりますね。

ポジティブな退職理由

退職理由については正直に答えなくてはいけないことはありません。残業や給料面などの不満があったとしても、面接で不満を口にしてしまうと、入社してからも会社の不満を言うのではないか?とネガティブな印象になってしまいます。

そのため、「スキルアップのため」だとか「成長したい」「生涯働ける会社がいい」などのこれから先、一緒に働くうえで一緒に頑張りたいなと思ってもらえるような退職理由にしておくと、あなたの印象も良くなります。

ポジティブな印象だと採用したいと思ってもらえるはずです。

キャリアチェンジを目指す退職理由

今までの会社の業務を通して、他の業務の仕事に挑戦してみたいと思っただとか、新しい分野に挑戦してみたいなど、今の仕事以上にもっと多くの仕事に関わりたいなど、「だから転職したのか」と思ってもらえるような、キャリアチェンジを目的とした退職理由を伝えると、「仕事熱心な人なんだな」、「多方面で活躍してくれそうだな」といった印象を持ってもらうことができるはずです。

キャリアチェンジを目指す人に悪い印象はありません。

どうしても残業代や休日出勤などの退職理由を伝えたい場合は、「より効率よく仕事ができ成果を上げられるような環境で、成長したいと思いました」と言葉を付け足し、成長意欲のある人だと思ってもらえるようにしましょう。

転職先の面接での定番の質問でもある「退職理由」は、伝え方が大切です。転職が後悔のないものにするためにも、理想の転職先で活躍できるのが一番です。もし会社に不満を感じ、転職したくても退職できず悩んでいる人がいれば、退職代行サービスに相談して早期解決を目指してみませんか。新しい人生の第一歩を踏み出すようにしていきましょう。

退職代行サービスのリセットでは、転職後の面接についての質問もおうけしています。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください