退職コンシェルジュ

退職者が続出する会社にありがちな特徴

退職代行サービスリセットの知恵袋-042

給料も決して安いわけでもなく、仕事の勤務時間も長いわけではなく仕事としてはそこまできつくないはずなのに退職者が多く勤続年数が短い会社もあります。

そのたびに社員を募集して採用してを繰り返していることも。退職者が続出する会社には必ず理由があります。その理由を会社が理解していないので退職者が増えてしまうのです。

マナー

退職者が続出する会社の理由

退職者が続出する会社の理由はさまざまなものがありますが、理由の多くは共通しています。どんな理由が多いのか見ていきましょう。

給料や待遇面の不満

基本給が安すぎる、入社時から給料がほとんど上がっていない、サービス残業が多いなど給料面の不満は特に多いものです。なかには賞与がない退職金がないなど待遇面で不満を感じたり、仕事の内容と給料面の待遇が合わないと感じて退職する人もいます。

例えば給料が安くても仕事内容が簡単なものであれば問題ないのですが、責任のある仕事や肉体労働なのに給料が安いと続ける意味がなくなってしまうのでは…と思ってしまいます。また働き方改革で急にフレックス制を導入して、残業代が出なくなってしまった会社も。社員にとって給料は重要ですよね。

人間関係が辛い

職場で仲間の文句や愚痴ばかりで聞いていて辛い、変わった人が多く人づき合いが辛いなんて感じることもあると思います。

また仕事帰りに頻繁に飲みに誘われてプライベートな時間を取れなかったり、ミスをしたときに上司が助けてくれないなど人間関係が悪いと仕事を続けるのが辛いと感じてしまいます。

特に女性は仕事内容が大変でも人間関係が良いと仕事を続けるともいいます。職場で楽しく働くためにも人間関係は重要です。

社長や上司に対する不満

社長の機嫌が悪いと社員に怒鳴り散らしたり、仕事は根性だと考えていたり、その日によって指示の内容が違うので振り回される、社員によってえこひいきがすごいなどの会社の良し悪しを決める社長や上司に問題があると、仕事を続けるのが難しくなってしまいます。

人としてどうなのかについてはとても重要ですよね。会社の将来性を考えるうえでも重要なポイントですよね。

退職者が続出する理由を会社はわかっていない

退職者がどうしてこんなに続出しているのか、会社にとってはわかっていない場合もあります。それは立場が違えば思うことも違いますし視点も変わります。そのため給料面や待遇面も、この業種ではこのぐらいの給料なので問題ないだろうだとか、会社の規模を考えたらこのぐらいが妥当だろうと思っていることを、社員はわかりません。

社員にとっては給料や待遇で返してくれたほうがいいのですが、そこで考え方が相違してしまっているのです。また会社として退職者が続出していると、自分も辞めようかなとかやっぱり魅力がない会社なんだと思ってしまい、「退職連鎖」が起きてしまうこともあります。

退職した人からその理由を聞いていて、自分の将来に対して不安に思ってしまったりこのまま会社にいて将来は大丈夫なのかと考えてしまいます。理想と現実を考えたときに、思い通りにならない現状に不満を感じてしまうのです。

会社で退職者が出るということは、他にも連鎖して辞めてしまう人もいるということを忘れてはいけません。

退職者が続出してしまう会社には理由があり、それを改善できないといつまでたっても安定した社員を確保できなくなってしまいます。

もし会社を辞めたいと思っているのに、上司にどう伝えたらいいのかわからない、他にも辞めていく人がいて言い出せないと足踏みしてしまっているのであれば、退職代行サービスに任せてみませんか。

我慢して働き続けるべき会社なのか、新しい道に進むのかしっかりと考えるようにしましょう。

退職代行サービスのリセットでは、退職についての質問もおうけしています。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください