退職コンシェルジュ

退職代行コラム|女性の退職の
きっかけ『あるある』

退職代行サービスリセットの知恵袋-028

女性にとって退職するかどうか悩んでいてもなかなかきっかけが掴めないものです。

人間関係や仕事の量、給料の安さなど「本当にこの仕事を続けていてもいいのかな~」なんて思うことはあっても、退職して新しい仕事を始めるのも大変だしなかなか決心が尽きません。

そんな悩みを抱えたまま気がついたらベテラン社員になっていたなんてことも。

女性が退職を決めるきっかけにはどのようなものがあるのか?思わずみなさんが「あるある」と同感してしまうような理由を紹介しますね。

きっかけあるある

女性の退職のきっかけとは?

女性の退職にはどんなきっかけがあると思いますか?

年代によっても退職の理由は変わりますが、女性の多くは人間関係やライフスタイルと仕事とのバランスなど男性とは違った理由で退職を考える人が増えています。

結婚や出産

女性の場合、やはりいちばん多いのが結婚をきっかけに仕事を退職する場合や出産・育児に専念するなどの理由で辞める場合です。

職場の中には育児休業が取れない、取れてもまわりに出産した女性がいない、待機児童になって保育園に預けられないなどがきっかけになり、退職を選ぶ人もいます。

また通勤までの時間が長い、残業があるなどが理由で退職する場合もあります。産後に仕事に戻る人も増えていますが、退職を選ぶ人もいます。

人間関係に疲れた

女性は人間関係さえ良ければ仕事を続けるというアンケート結果もあるぐらい、男性よりも人間関係の充実度や働きやすさを重視している傾向があります。

上司からいつも怒られるのが嫌になった、上司の愚痴を聞いたり話を聞くのに疲れた、人間関係の派閥がバカバカしくなったなどの女性特有の人間関係が嫌になり退職を選ぶ場合もあります。

普段、何もないように振る舞っているからこそ、人間関係で辞めるときはまわりも驚きますよね。

仕事にやりがいを感じない

やりがいだけで辞める人は少ないのですが、他の理由とセットで考え退職する人が多いようです。

入社して5年になるのに、簡単な仕事ばかりで変化がないと感じている人もいれば、職業的に将来性を見いだせずやりがいのない仕事と考えてしまう人もいます。

やりたかった部署以外の仕事をやらされている場合や、異動なども退職のきっかけになりそうです。

女性のなかにはバリバリとキャリアを積んで働きたいと思っている人もいるので、仕事にやりがいを感じられないのは続けられなくなってしまいますね。

残業代が出ない

会社によってサービス残業が当たり前になってしまい、残業代が出ないなんてケースもあります。

それなのに拘束時間が長く仕事帰りに友達と飲みに行くなどのアフター5に時間が取れないとなると、仕事ばかりの生活になってしまい辞めたいと思ってしまうものです。

そんなときに友達の会社は残業代が1分単位で出るなんて話を聞いたら、自分だけが待遇の悪い会社で働いているような気持ちになってしまい、残業代が出ない会社で働くのが嫌になってしまい退職の理由に繋がることもあります。

退職理由はあくまでも建前であることが多い

女性の場合、退職を伝えるときにあくまでも建前の理由を伝える場合が多く本音で辞める理由を話さないので「どうして退職したのか?」についてはわからない場合が多いと思います。

退職する話をしたときに、余計なことを聞かれること嫌だな…と思っている場合が多いので余計なトラブルにならない理由を話し、円満退職する場合が多いのです。

女性の退職のきっかけを知ると「なるほど!」と思う点がたくさんあると思います。

仕事を辞めたいと誰もが一度は思ったことがあると思いますが、退職するとなるとエネルギーも必要です。

女性が退職するのは必ず理由があります。

退職代行サービスのリセットでは、退職に関する質問をお待ちしております。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください