退職コンシェルジュ

退職代行コラム|女性が円満に
退職できる退職理由とは

退職代行サービスリセットの知恵袋ー032

女性が職場を退職するときにどんな退職理由をいえば円満退職ができるのか気になりますよね。

誰だって余計なトラブルは起こしたくありませんし、これから先のことを考えれば円満に退職しておきたいものです。

でも退職理由はどんなものを伝えたらいいのか?理由によってはトラブルの元になってしまうこともあります。

退職時に失敗してしまうことのないように、退職理由はしっかりと選び失敗しないようにしましょう。

円満退職

完璧な円満退社は存在しない

まず円満退社を考えるうえで、完璧な円満退社というのは存在しないことを覚えておいてくださいね。

確かに余計な波風立てずに退職できるのが一番いいのですが、文字の通り何一つ欠けていない状況のことを指すとした場合、誰からも不満を持たれずに心の底からあなたが退職することを認めてくてれた人ばかりではありません。

あなたが退職することによって新しい人材を確保しなくてはいけなくなりますし、あなたの仕事を引き継ぐなどどうしても仕事が増えてしまうのは避けられないからです。

あくまでも表面上は笑顔で送り出してもらえる状況を円満退社としています。

退職したあとに元の職場の人に何の気兼ねなく連絡を取れる状況が基本です。

円満退職にする為の退職理由とは?

円満退職に近づける為の退職理由にはどんなものがあるのでしょうか。

親の介護で退職する

退職した後も、在職中と同じ健康保険を継続できる制度になります。

退職日の翌日から20日以内に手続きを行う必要があり、退職前に被保険者だった期間が2ヶ月以上ある場合にこの制度を使用することができます。健康保険に書かれている名称に連絡をして任意継続被保険者制度の話をします。

健康保険組合の場合は、組合に直接連絡しますが、全国健康保険組合の場合は事務所、もしくは管轄している保険協会に連絡します。事務所に直接いかずとも、郵送で対応してくれます。

1ヶ月分の保険料と印鑑を持っていき手続きします。保険料は今までの倍になることがあり、いくらになるか確認するようにしましょう。

国民健康保険

市区町村が保険者になる健康保険になり、所得や資産など市区町村によって異なる算出方法によって支払額が変わります。

資格喪失から14日以内に手続きを行うことが規則ではありますが、間に合わない場合も受付してくれます。ただし資格を喪失した翌日まで遡って支払わなくてはいけないので、早めに手続をしておいた方がいいでしょう。

過去に支払っていなかった期間がある場合、手続き後に請求されることもありますので確認しておきます。

手続きの際には健康保険の資格を喪失したことがわかる証明書もしくは、退職を証明できるもの、離職票と印鑑を持っていく必要があります。書類がないと手続きができませんので、届かない場合は会社に問い合わせをしてから行くようにします。

扶養に入る場合

退職後、家族の扶養に入る場合もありますね。

年収が130万円未満の場合に被扶養者になれる場合もあります。

家族が被保険者になっていて年収の倍以上であることが条件です。扶養の条件などは保険によっても変わるので、被保険者の人に確認しておくようにします。

退職後の年金はどうなるの?

退職した場合、勤務先で加入していた健康保険の被保険者資格は喪失します。

退職してすぐに間を開けずに次の就職先が決まっていて保険に入れる場合は、自分で行う手続きはありませんが、その間が開く場合や、しばらく仕事をする予定がない場合は自分で手続きの選択をしなくてはいけません。

退職したあとに健康保険の手続きは必ずしなくてはいけないものです。

すぐに仕事をするのかなどの違いもありますが、手続きが遅れてしまうと病院にかかる場合も全額負担になってしまうので、早めに手続きをするようにしましょう。

退職代行サービスのリセットは、円満な退職についてのご質問もお受けしています。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください