退職コンシェルジュ

退職代行コラム|女性が退職するときの不安

退職代行サービスリセットの知恵袋-019

女性が退職する目的は人それぞれですが、「仕事内容への不満」や「給与・待遇への不満」といった定番の理由以外に「出産・育児のため」、「主婦に専念するため」、「親の介護」のためといったものが特徴的です。

不安

女性が退職で不安に思うこと

どのような目的であれ、いざ退職しようと思った時には、いろいろな不安が頭をよぎるものです。

スムーズに退職できるか?

女性はチームワークが重視される仕事や、その人の経験値がものをいう職種に従事する方が多く、また社会全体として人手不足な状況もあり、退職をこころよく承諾してくれるか心配される人も多いです。

会社をスムーズに辞めるためには、早くから引き継ぎの準備をすることと、出来る限り早めに退職申し出ることが必要であり大事です。

しかし、あれこれと理由をつけて退職を引き延ばされたりなど、退職させてもらえない状況も考えられます。

そのような時は退職代行という便利なサービスがありますので、こちらを利用することもお勧めです。

収入がへる

平成27年に厚生労働省の行った調査では、転職後に年収がアップした人は40.4%でした。

つまり6割近い人は年収がダウンしているという現実が、不安を裏打ちしています。

しかし、収入ダウンと引き換えに自分の行きたい業種で働けたり、残業の少ない仕事に就いて、その分空いた時間で勉強したり趣味を充実させたりも出来るのであれば、マイナスばかりではありません。

そのため、収入だけにとらわれず、自分の人生をどうしていきたいかという視点で考えることも必要です。

子育等でのブランク

退職後、家族の扶養に入る場合もありますね。

年収が130万円未満の場合に被扶養者になれる場合もあります。

家族が被保険者になっていて年収の倍以上であることが条件です。扶養の条件などは保険によっても変わるので、被保険者の人に確認しておくようにします。

退職後の年金はどうなるの?

退職した場合、勤務先で加入していた健康保険の被保険者資格は喪失します。

退職してすぐに間を開けずに次の就職先が決まっていて保険に入れる場合は、自分で行う手続きはありませんが、その間が開く場合や、しばらく仕事をする予定がない場合は自分で手続きの選択をしなくてはいけません。

退職したあとに健康保険の手続きは必ずしなくてはいけないものです。

すぐに仕事をするのかなどの違いもありますが、手続きが遅れてしまうと病院にかかる場合も全額負担になってしまうので、早めに手続きをするようにしましょう。

退職代行サービスのリセットは、健康保険についてのご質問もお受けしています。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください