退職コンシェルジュ

退職代行コラム|女性が退職を
引き止められた時にどうすべきか

退職代行サービスリセットの知恵袋-020

かつては結婚や出産が女性が退職する理由としてメジャーでしたが、現在では女性も男性と変わりなく企業でのキャリアを形成するのが当たり前になっており、退職理由は「転職」へとシフトしています。

また、少子高齢化が進み、どの業種でも働き手の不足が深刻化しています。

そのため、企業の人事担当者としては、人材の確保と流出はなんとしても避けたく、退職希望者はできる限り引き止めたいところです。

それに加え、女性はその人の経験値や現場でのチームワークが求められる職種に従事する方が多いため、なおさら引き止められる状況にあります。

ひきとめ

退職で引き止められた事例

このような状況にあるため、いざ退職を申し出ると、あの手この手で引き止められることになります。

女性の退職引き止めの事例をいくつか紹介します。

人出不足

退職の意思を伝えたが、人手不足のため引き継ぎ先の担当者を決めてもらえず、「新人を入れて育つまで待ってほしい」と引き止められた。

退職時期が折り合わず

転職先が決まったが、繁忙期が終わるまで待って欲しいと明確な退職日を決めてもらえないまま、しばらくすると「あと半年は働いて欲しい」と言われた。

話を聞いてくれない

一か月後に退職したいと、退職願いを手に持ち上司に話しかけたが、忙しいの一点張りで受け取ってもらえず。それからは、廊下でのすれ違いの時など毎日のように話しかけましたが、一ヶ月の間取り合ってもらえず。

きっぱりと退職するには?

キレイにやめるには

第一には、繁忙期など会社の状況も考慮して、できるだけ早く退職を申し出ることです。

また周囲への引継ぎの負担を低くするよう、早くから自分の仕事の手順を文章にまとめておいて、引継ぎしやすい準備をしておきましょう。

退職理由は、会社や上司の批判となるような理由は避け、スキルアップといったポジティブな内容や、家庭の事情など止むを得ない理由なら先方も受け入れやすくなります。

それでも辞めさせてもらえない時は

退職届を上司ではなく人事部門へ出しましょう。書面のタイトルは「退職願い」ではなく「退職届」にすることも効力が違うので重要です。

それでも話がつかない時や、精神的にも肉体的にも我慢の限界となりそうでしたら、思い切って『退職代行』というサービスを利用するのもお勧めです。

早めの行動が大事

人手不足の中、転職のハードルは比較的に下がりましたが、退職のハードルは上がっています。

そのためスムーズに会社を辞めるためには、出来り限り早めに退職を申し出ることと、早くからの引き継ぎの準備が必要です。

とはいえ、どうしても退職させてもらえない時は、『退職代行』などの便利なサービスも頼りにしましょう。

なによりも大事なのは、あなたの人生ですから。

退職代行サービスのリセットでは、退職時の引き止めに関してのご質問、お待ちしております。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください