退職コンシェルジュ

保育士が辞めたいと思う理由ベスト5

退職代行サービスリセットの知恵袋-049

かわいい子どもに関われる仕事として女性に人気の「保育士」ですが、夢や希望を描いてなったものの実際に就職してみると「想像していた仕事と違った…」と退職を選んでしまう人も少なくありません。実際に保育士の離職率は高いと言われています。保育士が辞めたいと思う理由にはどんなものがあるのか、ベスト5にして紹介します。

退職代行

人間関係がつらい

保育士の仕事で辞めてしまう理由の多くはやっぱり人間関係です。園長や先輩などの保育士同士の人間関係に悩んでいる場合もあれば、保護者との人間関係に悩んでいる保育士もいます。

もともと女性比率が高い職場ですし女性同士にあるいざこざがストレスになってしまい、退職を選ぶ人もいます。パワハラやモアハラ、派閥などの人間関係やモンスターペアレントなど人と関わる仕事だからこそ、どうしても避けて通れない部分ではあります。子どもと笑顔で接したいと思っていても人間関係に疲れてしまい、退職を選ぶ保育士さんも少なくありません。

給料が安い

責任のある仕事なのにも関わらず給料面の安さが原因で仕事を辞めてしまう保育士もいます。日本の保育サービスでは、質を一定に保つ為に「児童福祉施設最低基準」が決められています。

これは保育士1人に対して保育する子どもの数を指定しているものになり、給料が安いわりには責任ある仕事になるので給料に還元されていないと、なると保育士を辞めたいと考える理由になってしまうこともあります。保育士の給料はその保育園によっても変わりますが、休日出勤や残業があっても固定給以外支給されないなんてこともあります。

残業が多い

保育士の仕事は子どもが帰ったら仕事が終わりではありません。保育以外にも園の中の掃除や美品の点検などもありますし、子どもの行事に向けて準備をしなくてはいけないこともあります。

子どもがお昼寝をしている間に連絡ノートを記入しなくてはいけないなど、所定の時間以外でもやらなくてはいけないことが多く、一休みをする時間なんてありません。残業の多さで心身ともに疲れてしまう保育士もいます。園によっては持ち帰って自宅で作業をしなくてはいけないこともあり、保育士への負担が大きくなってしまいます。

精神的な負担が多い

保育士は常に目を離すことができず、ほんの少しであっても目を離すことができません。そのため常に気を張っていなくてはいけませんし、精神的な負担が大きくなってしまいます。

例えば保育士1人で6人の1歳児を見なくてはいけないのですが、子どもは1人でも好きなように動きますし大人と違って思ったように行動してくれるわけではありません。そのため毎日子どもをずっと見続けなくてはいけないと考えると、精神的な負担が過度にかかります。

保護者のクレーム

保育士のなかには、保護者からのクレームが辛いと辞めてしまうこともあります。保護者のすべてではありませんが、ちょっとケガをすると「プロ失格だ」とクレームをつけてくる親もいます。

無理な要望をしておいて、応えることができないとそれに対して怒ったり罵倒を浴びせてくる保護者もいます。なかには保護者のマナー違反で辛いと感じてしまうこともあります。例えばお迎えの時間が過ぎているのに買い物をしてから迎えにくるなんて保護者もいます。保護者のマナー違反は業務が多く時間に追われている保育士の負担になります。

保育士が仕事を辞めたいと思うのは理由があります。一生懸命子どもの為に頑張ったのに給料が安く、毎日残業だらけともなれば辛いと感じてしまうことも少なくありません。

保育士不足が騒がれていますが、辞めてから別の職種に転職してしまう人が多いそうです。保育士の仕事を辞めるのであれば、退職代行がサポートしてお手伝いすることも可能です。

退職代行のリセットは、保育士の退職に関するご質問なら何でも承っております。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください