退職コンシェルジュ

退職代行コラム|病気で退職しないよう、
女性が注意すべき体のSOS

退職代行サービスリセットの知恵袋-034

近頃は女性も男性と同じように仕事をしてバリバリと活躍する人が増えています。

女性のなかには仕事にやりがいを感じて日々頑張っている人もいると思います。

でも女性の場合は注意するべき心と体のSOSがあります。仕事は楽しいのに病気で退職してしまうことのないように、注意するべきポイントについて詳しく説明いたします。

SOS

ストレスが原因となる精神疾患に注意

女性が仕事で活躍するようになり、精神的な負担が原因でうつ病になってしまったり自律神経の乱れがおきてしまい、退職を選ぶ女性もいます。

例えば昇進して部下を持つ立場になり男性社員にも注意しなくてはならない立場になった、毎日残業で仕事量が過度になり生活習慣が乱れることによって精神的な負担が大きくなったなどの症状を感じることもあります。

ときには人間関係で嫌がらせを受けたり、いじめや暴行を受けたなどの理由で精神障害を起こしてしまうこともあります。

精神疾患によるSOSに気付いてあげること

精神障害のような心の不調は実は誰にでも起きるものです。でも大部分の人はその症状が現れたとしても気の所為だと思い、自分の体に向き合わない場合が多いのです。例えば仕事に対して気力がわかない、やる気がでないときに「気力がわかないのは自分の精神力が足りないのが理由だろう」と思い込んでしまい、自分を責めてしまいます。

またちょっとしたことで不機嫌になってしまったり、いらだちを感じてしまうこともあります。

ひどいときには不安状態からなかなか抜け出せなくなり、気持ちがうつ状態になったまま抜け出せなくなってしまうこともあります。

今まで楽しく感じていたはずのことが楽しくなく、TVを観ていても笑えないなどの日常生活に支障が出てきてしまうのです。

精神疾患による体のSOSも見逃さないで

精神的な負担は体に不調をきたすこともあります。人間はストレスを感じると自律神経が乱れ免疫疾患に影響することがわかっています。そのためどんなにゆっくりと休んでも疲れが取れず、めまいや頭痛などの症状で悩まされたり、肩こりがひどい、体がしびれたり、指先が震えるなどの症状が起きてしまうこともあります。

これらは継続的に続いてしまいときには日常生活に支障が出てしまうこともあります。まさか精神的な病気になっていると自分の不調に気付けない人も多いのです。なかには市販薬でなんとか痛みを緩和しながら仕事を続けてしまう女性もいて、きちんと病院に行かずに慢性化してしまっている場合もあります。

病院に行っても精神的な症状は診断結果がつかない場合が多く、「一体、どうしちゃったんだろう?」なんて自分の気持ち不安を感じてしまうこともあります。一過性のものでゆっくりと休んだら良くなったなんてケースはいいのですが、その症状が続いている場合は安易に考えず体が悲鳴をあげていることに気付いてあげるようにしてくださいね。

不調を感じたら病院を受診するのも大切

女性のなかには仕事の悩みを一人で抱え込んでしまい、それがストレスになってしまっている人もいます。

病院を受診するのは勇気がいることですが、自分の体のことだからこそ、そのままにしないで、ときには自分の気持ちや体に耳を傾けてあげること、相談できる相手がいれば思い切って話を聞いてもらうのも一つの方法です。

病院によっては産業医がいる場合もあるので、勇気を持って相談し話を聞いてもらうようにしてくださいね。

病気で退職してしまうのは、今まで頑張ってきたからこそもったいないと思いませんか。

病気になる前に自分の不調に気付いてあげること、少しでもおかしいなと思ったら病院を受診するなど悪化させる前に対策をしてあげるようにしてくださいね。

退職代行サービスのリセットは、健康保険についてのご質問もお受けしています。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください