退職コンシェルジュ

退職代行コラム|女性の退職で
「後悔する?」or「後悔しない?」

退職代行サービスリセットの知恵袋-026

女性にとって転職とはこれからの人生を考えるうえでとても重要なポイントになります。今よりもいい条件を目指しているからこそ、慣れ親しんだ勤務先から新しい勤務先に行くのですから本来であれば、退職は明るいものでなくてはいけません。

なかにはライフスタイルの変化によって退職したなんて人もいるはずです。実際に過去に退職を経験している女性の多くは「後悔する?」「後悔しない?」のどちらなのでしょうか。

後悔

退職して後悔している女性とは?

退職して後悔することなんてあるの?と思うかもしれませんが、女性の場合少なからず存在します。後悔するということは、転職した先が思い描いた通りではなく入社してから話が違う場合ではないでしょうか。

残業がないといっていたのにサービス残業だらけだったとか、人間関係が悪いなど実際に入って働いてみないとわからない点もあります。そんなとき「前の会社に戻りたいな…」と退職を後悔することもありますよね。また、ライフスタイルの変化で仕事を辞めざる得なくなり自分の気持ちとは裏腹に退職してしまった場合は後悔が残ります。

「もっと頑張れていたら結果が変わったのかな?」なんて自分を責めてしまう人もいるようです。退職して後悔する女性はもともと辞める理由が明確ではなく、「仲の良い人が辞めてしまうから」とか「気の合わない先輩がいて楽しくない」などちょっと視点を変えてみたら続けられたかもしれないときに、後悔してしまうのです。

退職して後悔していない女性とは?

今までの職場で何か嫌な体験をしていた女性は、退職してから後悔しないと話す人が多いようです。例えばセクハラやパワハラなどのハラスメントはもちろん、女同士のいじめやサービス残業、過度な長時間労働などこのまま続けていても何のメリットも感じないような職場では、体力的にも精神的にも限界が来てしまいます。

せっかく入社した会社だからとか、憧れの職種に勤務できるようになったからなどの理由で、ついつい頑張りすぎてしまい自分の限界を超えてしまった場合、退職してすっきりとしたという女性が多いのです。やりきったからこそ後悔がないというのが本音でしょうか。

また会社がすべてではなく今の人生において何を中心にしているかが明確になっている傾向にあるようです。例えばライフスタイルの変化で仕事は辞めたものの、自分の時間を確保でき責任が少ない仕事に転職でき気持ちも軽くなったと感じる人もいます。退職して何を得たいのか?が重要です。

退職した後に後悔しないために

退職することで何を得たいのか?明確な目標がないと退職がネガティブなものになり後悔する原因になります。感情的に退職するのではなくあくまでも段取りを踏んだうえで退職する準備を進めていくことで、退職が前に進むためのきっかけになるはずです。

例えば職場で培った経験や能力、人間との縁は辞めたあとも続きます。もし退職してしまったことに後悔しているのであれば、今から転職することだってできますよね。辞めたいと思っている会社をダラダラ続けることほど意味がないことはありません。時間は限りあるものなので、その時間を取り戻すことはできないからです。

転職は何歳からでもできるとはいいますが体力も気力も必要なので、どうしても限りあるものです。

退職して後悔するかしないかについては人によって本当に違います。

今の仕事を続けていても将来性が見いだせない、ストレスで体に不調をきたしている状態を続けてしまってはあなたが辛くなるだけですし、だからといって嫌なことがあったときにすぐに退職してしまうのももったいないといえます。

退職するかどうかはじっくりと考え行動するようにしてくださいね。

退職代行サービスのリセットでは、退職で後悔しないために、しっかりご質問していただいております。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください