退職コンシェルジュ

退職するメリット・デメリット

退職代行サービスリセットの知恵袋-002

今までお世話になった勤務先を辞めると決めるときは、メリット・デメリットについても考えなくてはいけません。

確かに仕事について不平不満に思うことはあったとしても、退職して新しい仕事を始めるというのは少なからずリスクは伴います。

今の勤務先を退職すると決めるときは、今の自分の状況を客観的に見たうえで慎重な対応ができるようにしましょう。

転職を決めた人

退職の気持ちを勤務先に伝えたら後戻りできない

勤務先に退職の気持ちを伝えるまでも勇気がいりますが、退職を取り消すことはできません。退職を伝えた後は気持ちが揺れたり転職活動がうまくいかなくなってしまったとしても、後戻りはできないのです。

一度退職する旨を伝えると、勤務先でもあなたが辞めた後の人員の確保や調整などの準備をしなくてはいけません。退職の気持ちを勤務先に伝える前に、まずは生計を共にしている家族や、親に「どうして仕事を辞めたいのか」自分の意思をしっかりと伝えて話し合うようにしましょう。

特に家族には転職先が決まるまで金銭的な面で迷惑をかけてしまうこともあるかもしれませんし、不安な気持ちにしてしまうこともあるかもしれません。だからこそ退職したいと思ったらまずは相談すること、その上で本当に退職したいのかを明確にするようにしてくださいね。

退職するメリット・デメリットは?

今の勤務先を本当に辞めるべきなのか、家族や親のことを考えたり将来の不安を考えてしまうとなかなか行動に移せなくなってしまう人もいると思います。退職にはある程度のリスクはつきものですが、実はメリットもたくさんあります。

今の勤務先を退職することのメリット・デメリットに付いて紹介します。

 

【メリット】

  • 新しい勤務先でやりたいことを見つけたりスキルアップの機会になる
  • 責任のある立場の場合、開放され気持ちが軽くなることもある
  • 退職することによってどんなデメリットがあるのかを知ることができる
  • 退職後、新しい仕事を始めるときもすぐに転職できる
  • ゆっくりと自分のやりたいことと向き合う時間ができる

【デメリット】

  • 退職してしまうと今よりも良い条件の仕事が見つかるとは限らない
  • 転職先が見つかるまでは生活が安定しにくくなってしまう
  • 退職したあとの年金・保険・失業保険・退職品などの手続きが多すぎる
  • 退職すると住宅ローンや車のローンなどが組みにくくなる(※勤続年数を評価される)
  • 安定的に入ってきた収入がなくなってしまう

退職にはメリットもあればデメリットもあるのがわかってもらえると思います。

仕事をしていて安定的に給料が入ってくるというのはとても大きな安心感になるのですが、いざ退職して収入が途絶えると考えると不安になってしまうこともあるはずです。

 

退職するか迷ったときは?

退職するべきか迷ってしまったときは、自分が辞めたいと思う理由を書き出し客観的に見て見ることから始めてみてくださいね。仕事を辞めたいと頭で思っているとどうしても冷静な判断ができなくなってしまうものです。

例えば給料面の待遇が納得できないなら上司に一度掛け合ってみるのも一つの解決方法かもしれません。

ただし仕事にやりがいを感じない、仕事のストレスが私生活にも影響している、他にやりたいことがあるなどの目的がある場合は、退職を前向きに考えてみてもいいと思います。

勤務先を退職することは人生を左右しかねない判断でもあります。

生計中心者の場合、退職を自分一人では決められない場合もありますし、家族や親に相談したうえで決めるようにしてくださいね。

退職したあとに「本当に後悔しないか?」ただ気の合わない上司がいて、仕事が嫌になったから辞める…なんてことがないようにしてくださいね。

退職代行サービスのリセットは、退職する時のメリット・デメリットの相談もご連絡をいただいています。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください