退職コンシェルジュ

退職代行コラム|一度退職した女性の
再就職で成功する秘訣

退職代行サービスリセットの知恵袋-023

女性の場合はライフスタイルの変化などで、退職することも少なくありません。

例えば出産・育児で一度仕事を離れたけど、子どもが小学生になり落ちついてきたので再就職を考えているなんて人もいるのではないでしょうか。

ときには介護で仕事を離れてしまうこともあり、再就職を考える機会は意外に多いはずです。

そんな再就職で失敗したくないからこそ、成功する秘訣についてご紹介いたします。

再就職

ライフタイルの変化による再就職はなかなか難しい?

今の時代は、妊娠・出産でも仕事を辞めずに続ける人が増え、育児取得率も上がっています。

この理由の一つに一度退職してしまうと、再就職するのが難しいことがあげられます。

産後仕事に戻っても子どもの体調で早退したり休まなくてはいけないことも出てきますし、育児と仕事の両立が難しくなってしまい、今まで通りバリバリと働けずに退職してしまうことも多いのです。

もちろん妊娠中の悪阻や早産などの体調面で辞めざるを得ないこともあります。

妊娠・出産に関しては職場の環境や実際に育休を取得して戻った先輩がいるかどうかによっても変わります。

女性の中には退職したものの、将来に向けて貯蓄がしたい、家計を考えて仕事に再就職したいと考える人も多いのです。

女性が一度退職して再就職するときの問題点

再就職する為に就職活動をはじめようと思っても、必ず問題が出てくるものです。

例えば仕事から離れていた期間が長ければ長いほど、仕事の感覚が鈍ってしまいうまくこなせなくなってしまいます。人間関係の構築がうまくいかずにストレスを感じてしまうことも。

また仕事のブランクが長いと、それだけで採用されにくくなってしまうこともあります。

また、今の時代は待機児童(保留児童)などの問題も考えなくてはいけません。

両親がフルタイム勤務であれば満点の点数がつき、育児休業中だとプラスで加点がつくばあいもあります。

あくまでも今仕事をしている女性を優遇するような制度なので、これから仕事を探す人の場合は点数が低いのでどうしても不利になってしまい保育園に入れないケースも出てきてしまうのです。

女性の再就職はいつのタイミングで考えるのか?にもよりますが、男性以上に難しい問題が出てきてしまいます。

これらの問題をどうクリアするか?が女性の再就職で成功する為の秘訣になるのです。

女性の再就職で成功する為のポイント

女性の再就職で成功する為のコツについて紹介していきます。

ブランクは短めにする

退職してからできるだけ早く仕事に戻り、ブランクの期間を短くしておくことで再就職が有利になる場合もあります。

保育園の有無によっても変わりますが、仕事に戻りたいと思うのであればその期間はできるだけ短いに越したことはないのです。

ブランクはできるだけ短くして再就職するようにしてくださいね。

専門職で再就職する

年齢など関係なく働ける看護師や薬剤師などの仕事は一度退職してしまっても再就職するのは決して難しいことではありません。

慢性的な人手不足であることを考えると、仕事に復帰するのはそこまで難しくないはずです。

また育児中にこれらの資格を取って再就職する人もいます。

雇用形態にこだわらない

子どもがいることでどうしても勤務時間が限られてしまうので、絶対に正社員でないと嫌などと思わずにアルバイトやパートから仕事に復帰するのも一つの方法です。

最初は思った通りの給料形態でなくても、社会とのつながりを考えると仕事をしていた方がいいと考える女性も多いはずです。

女性が一度退職したうえで、再就職するのは決して簡単なことではありません。

でも将来どうなりたいとか明確な目標を持って再就職を目指すことが大切です。

退職代行サービスのリセットでは、退職のわからない部分の質問もお待ちしております。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください