退職コンシェルジュ

退職代行コラム|女性の退職は
伝え方しだいで成否が変わる

退職代行サービスリセットの知恵袋-021

退職するときにどうやって伝えるのか、その伝え方一つで印象が大きく変わります。

特に女性の場合は退職時に円満に辞めるためにも退職するときの理由や伝え方がとても重要です。

あとあとトラブルにならないためにも、気持ちよく次のステージに進むために覚えておきたい、退職の伝え方について説明します。

伝え方

退職時に本音を伝えるのはOK?

退職時に本音をそのまま上司に伝えて、嫌な経験をしたなんて女性は少なくないのではないでしょうか。社会というのは人間関係が広いようで実はせまいものです。

退職したあとに勝手に噂が一人歩きしていたなんてことは珍しくないのです。

そのため辞めるときに仲の良かった同僚に本音を伝えていて、それが辞めたあとに広まってしまったなんてこともあります。

辞める会社の場合はできるだけ嘘はつかない方が、後々のトラブルにも繋がらないのです。

気持ちよく送り出してもらったのに、あとから嘘の本音を聞く元の職場の人の気持ちも考えると嫌な気持ちになりますよね。

退職する理由はそれぞれに必ずあるはずです。

なんでも本音で伝える必要はありませんがだからといって、後々気まずくなるような嘘をつかないようにしたいものです。感傷的に話をするのではなく論理的に伝えるようにして伝え方を意識するようにしてくださいね。

例えば人間関係に疲れた、給料が安い、仕事にやりがいを感じないなどのマイナス要因になる理由はそのまま本音を伝えるのはNGです。

マイナス要因が理由で退職する場合は、伝え方やちょっとした言い回しに気を付けて退職したい気持ちを上司に伝えるようにしてくださいね。

マイナス要因にならない女性の退職の伝え方

職場の人間関係に悩んでいてストレスがある場合

人間関係が合わない理由にはさまざまなものがあると思いますが、そのまま伝えてしまうとトラブルのもとになります。

そのため、「体調不良で治療に専念したいので、仕事を退職させてください」と伝えるようにします。

例えば「胃痛がひどくなってしまい、休みがちになるとまわりに迷惑をかけてしまうので…」とまわりに配慮した一言を伝えれば、なるべく早い段階で仕事を辞めることができます。

体調不良なので余計な送別会なども断ることができますし、体調不良であれば仕方がないな…と思ってもらえます。

ストレスをそのまま表現せず、体調不良と言い換える必要がありますが、角が立たなくなりますね。

仕事にやりがいを感じない場合

入社したものの仕事にやりがいを感じられない楽な仕事ばかり…なんて女性もいるかもしれません。

仕事として楽しく思えなくなってしまい辞めたい気持ちになったときは、「入社して3年が経過しましたので、スキルアップも兼ねて転職したいと思います」とスキルアップを目指していることを伝えるようにします。

引き止められたときは「身に余るお言葉、ありがとうございます、せっかくなのですが…」と感謝の気持ちを伝えるようにします。

退職を伝えるタイミングも重要!

退職の意思を伝えるときは、繁忙期を避けて気持ち的にも余裕のあるタイミングを見計らうようにしましょう。

他にも退職者が立て続いているタイミングだと引き継ぎができなくなってしまいます。

退職の意思を伝えるのは会社としても上司にも余裕がある時期を見計らって、直属の上司に退職希望日の1~3ヶ月前に話しの席を設けてもらうようにします。

退職の意思が固まると1日でも早く辞めたくなるかもしれませんが、焦らず自分の気持ちを伝えるようにしてくださいね。

女性の退職は伝え方一つで印象が大きく変わります。

立つ鳥跡を濁さずといいますので余計なトラブルを起こさないように注意してくださいね。

退職代行サービスのリセットでは、伝え方等についてのご質問もお待ちしております。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください