退職コンシェルジュ

退職代行コラム|
退職する時に著名を求められる
「誓約書」の注意すべきポイント

退職代行サービスリセットの知恵袋-039

退職の意思を伝えたあと、会社から「誓約書」に著名のサインを求められます。文章がたくさん書かれているものになるのですが、女性の多くがこの誓約書についてよく中身を理解しないままサインをしてしまいがちです。

誓約書の中に疑問を持つものがあったとしても言い出せない女性も少なくありません。

退職をする時の誓約書とはそもそもどんなものなのか?注意するべきポイントについて説明します。

誓約書

退職時に署名する誓約書とは?

誓約書とは、別名「念書」などと言われることもあるのですが会社からの要求を一方的に求めるような内容のものが多く、法的な意味を持つものではありません。考え方として「会社と労働者で合意した契約を残した書類」のことをいいます。

退職方法に関わらず、円満退職であっても署名のサインを求められるのでなかには「なにこれ?」と疑問に感じる人もいると思います。

なかには働いている労働者にとってあまりにも不利益な内容が書かれていることもあるのですが、そのなかでも効力があるものとないものがあります。例えば誓約書を渡されたときにその内容を確認してほしいのですが、残業代や退職金の請求ができない、2週間前までに退職の意思を申し出ないと給料は支払われないなどは法的な効力がありません。

そもそも会社から退職時に誓約書を渡されたとしても、必ずしもそれを提出しなくてはいけないとは決まっていません。

誓約書の著名のサインは必須ではない

誓約書に必ずしも著名のサインをする必要はありません。会社によっては退職時に誓約書を必ず提出することのように伝えてくることもあるのですが、安易にサインをしてしまうことがないようにしてくださいね。また無理に代理措置を用意してサインをさせる会社も違法ですし、誓約書の内容が無効になることもあります。

もし著名のサインを求められたとしても拒否をしても問題ありません。どんな書類に対してのサインをしない権利というものがあり、そもそも企業にとっても職業選択の自由が定められている以上、退職後に元社員の行動に関して干渉することは認められていません。

退職するまでに何度も説得したなどどんなに退職が難しいケースであっても、労働者には退職する権利もありますので、会社がどんなに言っても止めることができないのです。もし誓約書について何度話しても納得してもらえない場合は、弁護士などの専門家に相談することもできます。

誓約書は著名のサインをしてはじめて効力が生まれる

誓約書のなかには「競業避止義務」や「守秘義務」などを求めたものが多く、一定の制限こそあるものの、契約書に書いた禁止事項に対して違反をした場合は、損害賠償を請求されるリスクもあります。特に退職してすぐの場合に多いようです。誓約書の中には、競合会社への転職を禁止するものもありますが、そんな理不尽な決まりは通りません。

誓約書に著名のサインをするということは、その内容に対して認めていることになります。ただしこの内容が不当なものの場合は、訴えられても無効になるケースが多いので慌てずに対応しないようにしましょう。

またあまりにも誓約書にサインを求めるなど退職時に揉めてしまう場合や、何度話しても聞き入れず、会社によって有利な内容の誓約書にサインをさせようとする場合は、退職代行にご相談ください。

何度も拒否しているうちに上司の態度が一変しただとか、家族に連絡をして著名を求められたなど過度な行動に出ることもあります。

どんな内容であっても著名をすることは必須ではありませんので、毅然とした態度で断ることが大切です。

また誓約書の内容についてはしっかりと確認しておき、できるならコピーを残しておくようにしましょう。

退職代行サービスのリセットでは、誓約書についての質問もおうけしています。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください