退職コンシェルジュ

退職代行コラム|女性教員の退職事情

退職代行サービスリセットの知恵袋-027

子どもたちのキラキラとした笑顔を身近に感じられる「教員」という仕事は、とてもやりがいのある仕事です。

長年勉強しやっと教員として採用してもらえたのに、退職の道を選んでしまう女性教員も少なくありません。

好きなことを仕事にしているはずなのにどうして退職を選んでしまうのか、女性教員の退職事情について迫ってみたいと思います。

女性教員

女性教員の職場環境とは?

教員というと男性・女性のどちらもいますし、公務員で定年まで仕事を続けて高額な退職金が出て安泰なんてイメージを持っている人もいるかもしれません。

基本的に教員は男性・女性が一定数いるように振り分けられており、それぞれ勤続年数や能力に応じて仕事の内容が振り分けられています。

例えば「教科指導」や「学級指導」だけでなく「課外活動」「部活動」の顧問をしなくてはいけない場合もあります。

基本的に女性だからやらなくていい仕事というのは存在しないので、受け持つ生徒の年代によっても変わりますが、女性教員の場合は体力的にも厳しいと感じることが多いようです。

女性教員の場合は経験を積んだあと管理職になり、その後、教育指導主事などの管理的な仕事をする場合もあります。

給料面で見ても大手企業並みの収入はあるので、女性としてはしっかりと稼いで自立できる仕事です。

女性教員が退職する理由は?

退職理由にはさまざまなものがありますが、以下の2つが多いようです。

ライフスタイルの変化

今何かと問題になっている教員の残業時間にもあるように、勤務時間が長く家庭との両立が難しいので教員を辞めてしまう女性もいます。

例えば一般企業に勤めている旦那さんと女性教員が妻の場合は、どうしても妻の方が帰りが遅くなってしまい家事に支障が出てしまうこともあります。

また子どもが生まれてから両立するのが難しいと教員を退職してしまう場合もあります。

学校によっても変わりますが朝は早く夜遅くまで仕事をしなくてはいけないこと、部活の顧問になると土日も仕事になってしまい休日が取れない場合も。

残業なしになっても他の教員に負担がかかり、続けていけないと感じることもあります。

保護者への対応が大変

今の時代はモンスターペアレントなんて言葉もあるように、教師や学校に何かとクレームを付けてくる保護者も少なくありません。

もちろんそればかりではありませんが、昔よりも生徒や保護者との向き合い方が大変になっています。

生徒に厳しく指導すると保護者からのクレームが入ることもありますし、常に対応に追われるようになります。

特に中高生などの体力もあり思春期の子どもを担当するのは大変です。

女性教員を退職してどの道に進むのか?

退職を考える場合、まずは同僚の先生などに相談したうえで解決策はないものか模索します。また今の学校が合わないだけという可能性もありますので、教師として別の職場で働くという手段もあります。教師だって人間ですしどうしても向き不向きはあります。

また、教員という仕事がどうしても合わなかった場合は、他業種へ転職するのも解決策の一つです。自分の個性や力を活かして働ける場所があるかもしれませんので、前向きに考えて転職できるようにしたいものですね。

ただし教員は安定的に稼げる仕事ですが他の仕事に転職したら給料面が下がってしまうことも考えられます。

じっくりと考えたうえで決断するようにしてくださいね。

女性教員の退職事情について紹介していきましたが、手に職を付け日々子どもの為に頑張る教員という仕事はとてもやりがいのあるものです。

ただし肉体的にも精神的にも限界だなと感じる場合は、転職を前向きに考えてもいいのではないでしょうか。

退職代行サービスのリセットへの質問で、不安をなくしてみませんか?お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください