退職コンシェルジュ

退職する前に絶対にやらなければいけない事①

退職代行サービスリセットの知恵袋-029

退職する意思を固める前に、最初に考えなくてはいけないのが次の就職先をどうするのか?ということではないでしょうか。なかには失業保険をもらってしばらく仕事を休業するなんて人もいるかもしれませんが、とにかく辞めることばかりに意識が向いてしまい退職したあとに仕事をどうするのかが明確に決まっていない人もいるのではないでしょうか。

退職する前に次の就職先をどうするのかはその人によっても変わりますが、もしどちらのほうがいいのか悩んでいるのであれば参考にしてみてくださいね。

管理職

退職前に仕事を決めておくのをおすすめする理由

あなたは退職してからどんな仕事がしたいか具体的に決まっていますか?例えば、世界一周をしてみたいだとか、留学をして語学を学びたい、起業をしたいなどこれからさきの行動指針が決まっているのであれば良いのですが、全く無い場合は退職後に仕事を決めなくてはいけません。

一見時間に余裕もあるし転職活動がスムーズに行くような気がしてしまいますが、無職のなかで仕事を探すのは容易なことではありません。面接がうまくいかないこともありますし、次の就職先がなかなか決まらずに精神的な余裕が持てなくなってしまうこともあります。

まわりの友人と比較して「なんでこんなにうまくいかないんだろう」なんて気持ちを抱えてしまい、それがコンプレックスになってしまうこともあります。また退職後は何かと手続きも多く手間も時間もかかるので、先に就職先を確保することによって退職の手続きは簡単になり余計な労力がかかることもなくなります。

退職前に仕事を決めるためには引き継ぎ作業や、転職活動なども同時にしなくてはいけないので大変ですが、退職してからも精神的な負担をかけることがなくなりますので、退職前に仕事を決めておくと安心です。また一般的に無職の期間があると再就職が難しい場合も多く、希望の仕事につけなくなってしまうこともあります。在職中に引き抜きなどのチャンスがあるとベストです。

会社を退職してから転職活動をしても問題のない人は?

できれば在職中に新しい転職先を探してしまった方が精神的な負担も少なくなります。実際には半分半分程度になります。会社を退職してから転職活動をしても問題のない人にはある共通点があります。

例えばしばらく仕事が見つからなくても実家住まいなど金銭的な負担が少ない人や、今の仕事が忙しすぎて転職活動の時間が確保できない人、スキルや経歴などに自信がありすぐに内定が出る人、心身ともに疲れ切っていて仕事を退職する人などは、慌てて仕事を探さなくても問題ないと思います。

これに該当せず給料が生活費になっている人や、再就職できるか不安に感じている人の場合は、退職してから仕事を探そうとしてしまうとデメリットの方が大きくなってしまうので、在職中に転職先を見つけて安心して次の一歩を前に進めるようにしましょう。

経済的に焦ってしまい、「どこでもいいから就職先を決めないと」と妥協した転職先を決めてしまう結果にもなりかねません。なかには退職する前の職場の方が条件が良かったなんてこともあり、焦って決めても何もいいことはありません。納得できる転職先を決めるようにしてくださいね。

退職してから仕事を探すなんて人もいるのですが、やっぱり精神的な不安が大きな状態で転職活動をしてしまうと、その不安が伝わってしまったり焦りが出てしまい冷静な判断ができなくなってしまいます。

転職したのに納得できないような待遇や福利厚生になってしまっては仕方がありませんし、せっかく転職するなら少しでも条件のいい場所に転職できるように余裕を持って行動できるようにしてくださいね。

退職代行サービスのリセットは、退職で忘れてはいけないことについてのご質問もお受けしています。お気軽にご相談ください。

今すぐ相談

24h 受付/お好きなボタンをクリック

パソコン対応

お気軽にご相談ください